革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

その一言で品性がわかる 披露宴会場でのご挨拶         

結婚式は、新郎新郎新婦にとってとても大切な儀式です。
これから夫婦として新しい門出を迎える日を、大切な人たちに見届けてもらう場です。
そんな大切な場だからこそ、服装、身だしなみ、言葉使いなどに気を配るのではないでしょうか。
服装や身だしなみをしっかり整え、フォーマルに身を包んだのなら、それに伴う作法を身につけておきましょう。
テーブルでの食事の作法、たち振る舞いなど、最低限のマナーはしっかり覚えておきましょう。
それに加え、言葉一つでその人の品性がよくわかるものです。

特に相手側の親族は、ほとんどが初対面になります。
だからこそ、いい印象を与えたいと思いますよね。
新郎新婦の友人として出席する場合は、友達を見れば新郎新婦の性格や交友関係などがわかります。
好感を持ってもらえるような招待客であれば、新郎新婦にとっても誇らしく思ってもらえるでしょう。
こちらのサイトでは、ホテルの結婚披露宴のメリット・デメリットを解説していました。根強い人気の会場についてご覧になってみてください。

その一言で品性がよく伝わる言葉を知っておくといいでしょう。
だれもが、初めて会う人、新郎新婦へのご両親への対応は緊張されますよね。
最初の挨拶がやはり肝心です。

例えば一番最初に行う挨拶は、受付で御祝儀をお渡しする時です。
その時には、袱紗を広げてお渡しする前に一言お祝いの言葉を述べましょう。
「本日はお招きいただき、誠にありがとうございます」という基本的な言葉に、
「晴れやかな日をともにお祝いできて光栄です」などの言葉も感謝の気持ちがとても伝わります。

その後控室では、久しぶりの友人に会うこともあり、つい友達同士で話がちになります。
初めて会う人にはお声をかけにくくても、顔見知りの親族や新郎新婦の御兄弟などには、丁寧に御挨拶しましょう。
新婦家の親戚の場合には、
「○○さんのウェディング姿とても楽しみしています」などの言葉も素敵です。
新郎家の招待であれば、
「○○さんにはいつも大変お世話になっています」などのあいさつもいいでしょう。
新郎の普段の頼りがいのある姿が伝わってきます。

披露宴の場では、まずテーブルについた際に、一緒のテーブルの人に挨拶をしましょう。
全員が顔見知りで、よく知っている相手なら挨拶の必要がありません。
しかし、友人同士でも高校などが違う場合もあります。
「高校の同級生で○○さんとは親しくさせてもらっていました、△△と申します」などと挨拶しておきましょう。
先にあいさつしておくことで、会話のきっかけにもなり、披露宴を一緒になって楽しむことができます。

他にも披露宴では、新郎新婦のご両親や親せきからお酌されることが多いです。
友人としての出席の場合、
「本日はお招きいただきありがとうございます。お二人の幸せな姿が見れて嬉しく思います。」などのご招待いただいた感謝の気持ちを伝えましょう。
親族としての出席の場合、
「今後ともお付き合いのほど、よろしくお願いします」などの言葉がふさわしいでしょう。

言葉は一歩間違えれば、失礼にも当たってしまいます。
なので丁寧に誠意をもって挨拶をするようにしましょう。