革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

結婚式の招待状 返事の書き方         

結婚式は一生に一度の、素敵なイベントですよね。
そんな幸せなひと時に、一緒に参列できるのはとても素敵なことです。
結婚式をする側も、この人にはきてもらいたいという思いで招待状を送ります。
そんなお二人の気持ちに、丁寧にお答えしたいと思いますよね。

招待状の返信は、結婚式の参列したいという意志の表れです。
なので失礼が無いように、常識的なことは間違えないようにしておきたいですよね。
また受け取った側が、喜んでもらえるような返事を返せたらよりいいですよね。

まず常識的なことですが、気をつけなくてはいけないことがいくつかあります。
一つ目は、返信の期日です。
招待状の最後には、必ずいつまでにお返事をくださいという期日が書かれています。
なので、なるべく早く出すようにしましょう。
期日ギリギリにならないように、余裕を持って出しておくと、招待側も安心されるかと思います。
もしどうしても予定が先にならないとわからない場合は、招待側に返信が遅くなるということを伝えておきましょう。
こちらの披露宴での余興や挨拶のサイトには、具体的な流れなどについて、解説が記載されています。
是非ご覧になってみてください。

二つ目は、返信用のはがきの訂正する部分です。
まず表側は、招待側の名前が書いてあります。
名前の部分の最後に「行」と書かれている部分があります。
その部分に二重線を引き、その横に「様」と書き直します。

裏側には、自分の出席・住所を書く部分があります。
出席・欠席・住所は丁寧語で「御」がつけられています。
なのですべての「御」の部分は、二重線で訂正しておきましょう。
これらはほとんどの招待状で共通して言えることなので、必ず覚えておきましょう。

また招待状の中には、新郎新婦へ一言メッセージが書く部分があります。
そこには結婚式に対するお祝いの気持ちを込めて、メッセージを書きましょう。
「当日のウェディング姿楽しみにしています」
「御招待いただきありがとうございます」
「2人の幸せの門出を一緒に祝えるのを楽しみにしています」
など、結婚式に参列するのを楽しみにしているという主旨の文章が好ましいです。

きっと受け取った招待側も、招待してよかった素敵な式にしようと思ってもらえると思います。
こちらの結婚披露宴でのスピーチのサイトにも結婚披露宴での様々な場面に対応した、わかりやすい解説が記載されています。是非ご覧になってみてください。

こちらの薄毛・抜け毛・はげでお悩みの方の男性用女性用の育毛シャンプーの口コミ評価や人気ランキング、そのほか効果的な使用方法や副作用など知っておきたい情報が詳しく掲載されているサイトも是非ご覧になってください。